無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

10
2021/04/14

第3話

《2》
はー…授業終わった終わった
てかなんでこの学校カッター持ってきちゃいけないんだ…まぁ昼ごはんの時間だし…早く購買行かないと…
ー屋上
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
いつも以上に混んでたな…飯食ったら…今度こそ…
???
こんどこそーって何をするの?
まさか自殺でもするき?
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
っ!?…って春華先輩じゃないですか、いつも急にきて驚かさないでくださいよ
笹峰 春華
笹峰 春華
あはは〜ごめんねー?
全く…この人はいつも急に…
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
てか先輩こんなところにいていいんですか?立ち入り禁止の場所ですよ?
笹峰 春華
笹峰 春華
そんなこと言って私をこの場から追い出すつもりなら無理だと思うよ?君だって立ち入り禁止の場所に来てるんだから
うっ…ぐうの音も出ない…
今度こそ邪魔されずに死ねると思ったのに…
笹峰 春華
笹峰 春華
まぁご飯食べ終わったら話しかけてよ、私暇してるからさ!智也くんのお話聞きたいな!
どうせ拒否権なんてないくせに…
そんなことを考えながらジャムパンを口に運び
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
わかりましたよ…
やったぁーって喜ぶ先輩を尻目に牛乳を飲む