無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

8
2021/04/14

第5話

《4》
智也side
笹峰 春華
笹峰 春華
そうして私は智也くんを驚かせるのであった〜(まぁシャー芯食べさせられたり逃げてるところは言わないけど)
色々と話が噛み合ってなかったりするが…
まぁいいか…話したくない証拠だしな…
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
それで俺の自殺をいつも止めに来てるんですね、はぁ、俺のやりたいことを止めにくるなんて…
笹峰 春華
笹峰 春華
その言い方だと私悪い人じゃん!私いいことしてるよ!?
はいはいそーですね、だなんて適当に返事を返せば「まったく…ほんとに世話がかかる子なんだから…」って呟きながら溜息をつき俺のことをまじまじと見る
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
…俺のこと見たって何にもありませんよ?ご飯だって今食べましたしお金だってそんなにありませんよ?
笹峰 春華
笹峰 春華
私を不良か何かかと勘違いしてるのかなー?不良じゃないけどなー?逆に君を心配してるいい人なんだけどなー?
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
あっ自分で言った、この人自分でいい人って言った
笹峰 春華
笹峰 春華
そんなのどうでもいいでしょ!
ガチャ
ん?誰か来た…
珍しいな…屋上に誰かくるなんて…
てか先生じゃないよな?
男子高校生
男子高校生
あっ!!!見つけた!!!お前俺から逃げやがって!痛い思いしなきゃダメなようだな!!!
笹峰 春華
笹峰 春華
っ!?
明らかにやばい人きたよ
しかも先輩の反応的に…なるほど2人ともそういう関係だったか…てかあいつ全然俺のこと見てないけどもしかして気づいてない?草なんだが?
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
あー、その黙ってて貰えます?うるさいんですけど、
男子高校生
男子高校生
お前っ…邪魔するんじゃねぇ!?
なんか驚いてるw
まぁ当たり前か、だって
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
下手に動いたら首締まりますよ?
首には縄が巻かれてて
下手に動けば締まるようにしたからね

現に下手に動いて首にしまってて苦しそうにしてるし
男子高校生
男子高校生
ぐっ……おま…えっ…なんなんだ…よ…!
ひゅーひゅーって首に空気が通るような音が聞こえ
なんか…この音いいなだなんて思う
霧ヶ峰 智也
霧ヶ峰 智也
なんでもいいでしょ?先輩が怖がってるので助けた、ただそれだけです