プリ小説

第3話

3
頭の中は大混乱。





だって、そこそこイケメンくんなんだもん。
あなた

な、何ですか???

岸優太
50円だけ貸してもらえないですかね???
そんなの。



え、なぜに~(-ω- ?)
岸優太
あ、あの、決して誤解はしないでくださいね!!!
いや、誤解の嵐なんですけど。
岸優太
今日500円しかもってなくて
これモンブラン買ったら50円オーバーしちゃうんですよね~
じゃあ買うなよ笑
なんて思ったけど、50円位いいかな?なんて。
イケメンだったら許しちゃうよね?
ね?((圧
あなた

良いですよ~。

その代わりに連絡さk…

あぶない。あぶない。
__________________________________
岸優太
ありがとうございました、!!!
あなた

いえいえ!

って、






まさかの帰り道同じなんだけど。
岸優太
こっちっすか?
あなた

え、あ、はい。

岸優太
マジっすか、!!
嬉しいのか嬉しくないのかわかんないわっ笑
なーんて。
口には出さないけどね。
あなた

この辺の人なんですか???

岸優太
そうっすね、
たぶん、そうっす。
たぶんってなんだよ。笑
あなた

ふふっ笑

岸優太
えっ?
なんか可笑しな事言いました???おれ?
あなた

たぶんってなんだよと思って笑笑

この人と居るとなんか全部忘れられる~笑
__________________________________
岸side
俺は今、

笑顔の素敵な君に恋をした。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あっぷる。
あっぷる。
首 に 残 す ル ー ジ ュ と 過 ち ___” (🌈) 神 山 智 洋 (👟) 高 橋 恭 平 (👑)永 瀬 廉 (🌘)森 本 慎 太 郎 🔞   ご意見コメント等はこちら↓↓ https://marshmallow-qa.com/nonnonnon_west_?utm_medium=url_text&utm_source=promotion