プリ小説

第13話

11
昨日の夜は特に何も起こらなかった。
まあその方が私的には良いんだけどね?




いつもの様に会社に行く。いつもの様に。
_____”
おっ。おはよ~。
今日おそいじゃん。どしたの。
あなた

先輩っ!
おはようございますっ!!
まあ色々あるんですよ。笑

エレベーターに乗り込んで7階まで上へと進む
先輩はいい人だ。


私のミスであっても先輩も一緒に頭を下げてくれる。


こんな人になりたいな~。なんて。
つくづく思う。


そんな先輩は、女子人気もすごくて。
女子
菊池せんぱぃっ!
おはよ~ございますっ♡
今日も素敵ですねっ♡
菊池風磨
ん?
おはよ。
毎朝これ。めんどくさいったらありゃしない。
でもね、
風磨先輩は毎朝素っ気ない。笑
風磨先輩も大変だな~()
菊池風磨
なんだよその顔。
と一言言葉を放つとむにっと私の両頬を掴む
あなた

しぇんぱい、いつも素っ気なくておもひろいなぁって思ったんれす

ふふ、と鼻で笑うと手を離して自分のデスクまでのこのことあるく。







この日常が大好きだ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

あっぷる。
あっぷる。
首 に 残 す ル ー ジ ュ と 過 ち ___” (🌈) 神 山 智 洋 (👟) 高 橋 恭 平 (👑)永 瀬 廉 (🌘)森 本 慎 太 郎 🔞   ご意見コメント等はこちら↓↓ https://marshmallow-qa.com/nonnonnon_west_?utm_medium=url_text&utm_source=promotion