無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
あなた

あぁぁぁ……

今日もやっちゃった。
2時間前までしっかり出会い系サイトで繋がった人としっかり、しっかりおせっせしてました。
……しかも、上手くなかったし。
そんなこんなでもう21時。

この時間は、いつもコンビニが私を呼ぶ。
あなた

うぅ…
また太るぅ-涙

なんて言いながら

コンビニに行く足は止めることは出来なくて。
惣菜パンや菓子パン

それと
…お酒.笑






まって。


シュークリームが私を呼んでる。
ほっとくなんて選択肢は私には



無い。
どれにしよっかな~

なんて陽気に選んでたら
横で同じ様にスイーツを選んでいた男が私にいきなり
_____”

あの!!
あまりにもいきなり過ぎて呆然。
あなた

え、?
わ、私???

_____”
そう!
あなた、










この出会いが私を狂わせた。