無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

看病
あなた
なんで血だらけなの、、
伏黒恵
...話はあとで、
とりあえず上がらせてもらいます
あなた
あ、はい
あなた
こちらです!


恵は五条さんを抱え、ソファに座らせた
五条悟
......恵、、悪いな
伏黒恵
今は安静にしてください。
あなた
救急箱持ってきました。
伏黒恵
あぁ、すみません


伏黒恵は五条さんの処置をし、ベッドに寝かした



あなた
あの五条さんなんでこんな状態に...
伏黒恵
俺の任務の指導中に
突然呪詛師に襲われてしまって...
あなた
(任務?呪詛師?)
伏黒恵
まぁ、五条先生が勝ちましたけどね。
あなた
五条さんの事、先生って呼んでるんですね?
伏黒恵
え、あっ、はい。
俺の担任の先生なので。
あなた
......担任?
あなた
えっ!五条さんって教師なの!?
伏黒恵
知らなかったんですか?
呪術高専の1年担任ですよ
あなた
教えてくれなかったので、、
伊知地さんにも口止めしてたし、、
伏黒恵
(言ったらまずかったな)
伏黒恵
あの、俺はこれで失礼します
五条さんの看病お願いします
あなた
あ、はい、!



ガチャ


伏黒恵が帰ったあと、五条さんの所に向かった


あなた
五条さーん?(寝てるかな?)
五条悟
ハァーハァー
あなた
えっ!顔真っ赤!


おでこに手を当てる

あなた
熱あるじゃないですか!?


リビングに向かいタオルを濡らした

あなた
濡れタオル持ってきまし......うわっ!
五条悟
アツイ、、アツイ、、
あなた
ちょっと、!
なんで服脱いでいるんですかっ!!
五条悟
汗、、かいたから、、
五条悟
それで拭いて......
あなた
...分かったので後ろ向いてください!!


あなたはベッドの上に座り背中を拭いた

あなた
ま、まえは自分で拭いてくださいよ!
五条悟
なんで、?拭いてよ


つらそうな顔をしてあなたを見た

あなた
...嫌です(もう心臓がもたない、ドキドキ)
五条悟
分かったよ、


あなたの腕を掴んで拭いた

あなた
これだったらさっきと変わらないですよ
五条悟
ハァハァ...
あなた
(筋肉すごいなぁ、鍛えてるのかな?)



すると五条さんはそのままあなたを抱きしめ寝転んだ

五条悟
成宮さん冷たくて気持ちい、
あなた
ちょっと、離れてくださいよ、!
五条悟
少しだけ、、
あなた
少しだけですよ、、ドキドキ