無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

お誘い
↓高専の会場
伊地知潔高
ただいまから東京都立呪術高等専門学校の説明会をはじめます
あなた
(えっ!伊知地さん司会なんだ!)
伊地知潔高
では五条さんよろしくお願いします



するとステージにサングラス姿の五条さんが現れた


五条悟
呪術高等専門学校の説明会へようこそ
五条悟
1年担任の五条悟です
おつかれサマーランチ!


( ・-・ )シーン

あなた
(サマーランチ......?????)
五条悟
.......
五条悟
我が校では~~~
あなた
(いや、今のはなんだよっ!)



その後高専や呪術師についての話をされ、
あっという間に説明会が終わってしまった



伊地知潔高
あなたさん!
あなた
あっ!伊知地さん!
伊地知潔高
来てたんですね。
あなた
はい!五条さんが誘ってくださったので
伊地知潔高
そうでしたか!
五条悟
な ーるーみーやーさーーん!!


五条さんが嬉しそうに手を振って走ってきた

五条悟
どうだった!?僕の演説!!
あなた
分かりやすかったですよ
五条悟
ほんとに!?よかったー!
伏黒恵
 あの...
五条悟
あっ!そういえば恵連れてきたんだった
五条悟
会いたいって言ってたでしょ!!
ほら自己紹介しなよ!
伏黒恵
伏黒恵...
高専1年
五条悟
えっ、それだけ!?
あなた
成宮あなた、高3です!
あの、今度ご飯でも行きませんか?!
伏黒恵
え、俺とですか?!
あなた
はい!
(五条さんについて聞けるチャンス!)
五条悟
僕も一緒に行きたい!!
あなた
...えっと、今回は2人で...
五条悟
(・ε・`)チェッ
あなた
伏黒くん大丈夫かな?
伏黒恵
いいですけど...
あなた
よかった!連絡先交換しよう!
伏黒恵
はい。
あなた
(よしっ!計画通りにいってる!)
伏黒恵
(これって...デートってことなのか?)
伏黒恵
(後で虎杖に聞いてみよう)