無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

正体
次の日の朝





リビングに向かうと
五条さんが優雅にコーヒーを飲んでいた




あなた
五条さん!?
体調はもう大丈夫なんですか?!
五条悟
うん!完全復活したよ!!
五条悟
成宮さんには迷惑かけちゃたねー
あなた
いえ、自称最強の弱っているところが
見れてよかったです
五条悟
自称じゃないから!!
五条悟
そういえば、今日学校は?
あなた
明日からテストなので今日は休みです
あなた
五条さんは学校に行かなくて大丈夫なんですか?
五条悟
え、、!学校、?!
あなた
呪術高専の1年の担任なんですよねー?
あなた
昨日来た男の子に聞きましたよ
五条悟
恵に口止めしてなかったぁー!
くそぉーー!
あなた
なんでそんなに知られたくなかったんですか?
五条悟
だって恥ずかしいだもーん!キャー!
あなた
.......
五条悟
そんな目で見ないでよ、、
あなた
信じられないです...
五条さんが先生だなんて、
五条悟
今度学校で説明会があるから来ない??
あなた
説明会?
一般人が参加して大丈夫なんですか?
五条悟
大丈夫!!
呪術についても知りたいでしょ?
あなた
はい、興味ありますね!
五条悟
じゃ、決まりだね!
僕の素晴らしい演説聞きにきてよ!
あなた
え、五条さんが...
あなた
やっぱり辞めようかな、、
五条悟
なんでよ、、
五条悟
僕の生徒も紹介してあげるからさぁー
あなた
なら、行きます。
五条悟
あっ!もしかして恵に会いたいから?
あなた
はい、、もっと話してみたいので
あなた
(五条さんのこと教えてもらおう、!)