無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

再会
2人はマンションの前に着いた



あなた
あっ⋯⋯
伏黒恵
どうしましたか?
あなた
鍵持ってなかった...
伏黒恵
マジですか...
伏黒恵
...とりあえず五条先生待ちましょう
あなた
そうだね、、ゴメン



2人は階段に座った







3時間後







19:00
伏黒恵
...暗くなりましたね
あなた
うん、、(`Д´)´,·.·`ハックション!!!






伏黒くんは上着を脱いであなたに着せようとした





伏黒恵
これ着てください
あなた
え、、それはダメだよ
伏黒恵
俺は大丈夫ですから
あなた
ありがとう...








19:15







その後伊地知さんの車から五条さんが降りてきた




五条悟
あなたちゃん、?
あなた
五条さん...




見つけた途端あなたの方に向かって走った







ギュッ





五条悟
よかった......






サングラスの下から涙が溢れていた




あなた
ごめんなさい、、クスン
五条悟
家に帰ろ、
あなた
(。_。`)コクリ
五条悟
ありがとな恵
伏黒恵
...はい。
伏黒恵
(五条先生の泣いてるところ初めて見たな...)