無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

隣に
6:00



五条さんは仕事に行ったのであなた1人になった
あなた
これからお世話になるから
掃除でもしようかな


1時間後
あなた
はぁー、広すぎて時間かかったな
あなた
まだ7時か、なんか...眠くなってきた



ソファーに寝転がってそのまま寝てしまった






10:00
五条悟
ただいまぁー!
五条悟
あれ?寝てる?
あなた
Zzz… 
五条悟
ここで寝たら風邪ひいちゃうよ



五条さんはお姫様だっこをして
寝室のベットに運んだ




12:00
あなた
んー...寝てしまったぁ



隣で五条さんが寝ていたことに気づいた
あなた
え?五条さん!
五条悟
...ハァーー、成宮さんおはよう
あなた
え?!なんで!?
ここはどこですか!?
五条悟
寝室だよ!
五条悟
気づいたら僕も寝ちゃってたよ
あなた
(いつの間に運ばれてたの!?)



ベットで寝ている2人の距離はとても近かった


あなた
(よく見たら五条さんって美形だよなぁ)
五条悟
どうしたの?僕の顔ずっと見てくるね
あなた
べ、べつに何もないですよ!
あなた
(なんで私動揺してるのよ////)
五条悟
ほんとに何もないのぉー?
怪しいなぁー!


五条さんが顔を近づけてきた

あなた
やっ、やめてくださいよっ!



あなたはとっさにベットから起き上がった




ピーンポーン
五条悟
あっ!きたきた!
あなた
???