無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

知りたい
あなた
あの五条さん
五条悟
ん?どうしたの?
あなた
五条さんって呪術師なんですよね?
五条悟
それはどうかなぁー!
五条悟
いずれ分かるよっ!


それから1ヶ月がたった
あなた
(まだ何も分かってない、、、)
五条悟
あれ?今日学校なの?
あなた
もちろんです。今日は月曜日ですよ
五条悟
あっ、そうだっけ?
五条悟
いってらぁー
あなた
五条さんお仕事は?
五条悟
やすみだよ
あなた
もう1週間ぐらい行ってませんよね
あなた
クビになったんですか?
五条悟
そうかもねぇー


最近五条さんの態度にイライラしている

あなた
あーーそうですか。
ニートに朝ごはんは作りませんので
あなた
いってきます。


ガチャ
あなた
(なんで何も教えてくれないのよ!)
伊地知潔高
おはようございます。
あなた
...おはようございます


毎日学校まで送り迎えをしてもらっている
もちろん五条さんが心配症だから
伊地知潔高
今日は不機嫌ですね、
喧嘩でもしたんですか?
あなた
伊知地さんは知ってるんですよね?
五条さんのお仕事
伊地知潔高
はい、そうですね。
もしかしてまだ教えてもらってないのですか?
あなた
はい、いい加減知りたいんですけど、!
教えてくださいよ!!
伊地知潔高
申し訳ないのですが、
五条さんに口止めされているので
あなた
はぁーー、
伊地知潔高
あなたさんはどうしてそこまで?
あなた
だって、一緒に住んでるのに名前以外
何も知らないんですよ!!
あなた
私だって、五条さんのこともっと、
伊地知潔高
(五条さんに報告しておかないと)




学校が終わり帰宅
あなた
ただいま帰りました。
あなた
え?五条さんいないの?!
あなた
まっ、別にいなくてもいいや
テスト勉強でもしよう



夜11時
あなた
なんで帰ってこないのよ、、、




ガチャ
伏黒恵
五条先生家に着きましたよ、!
あなた
(この声だれ、、?)


あなたは急いで玄関に向かった



そこには血だらけの五条さんを抱えた男がいた



伏黒恵
え、は? 女!?
あなた
......どうゆう状況!?