無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

はじまり
五条悟
来たよー!来たよー!



両手に袋を持ち運んできた

あなた
それなんですか?
五条悟
じゃじゃーん


五条さんは箱を開けた
五条悟
ピザだよー!
あなた
おいしそうですね!
五条悟
食べよ!食べよ!





(´~`)モグモグ
あなた
んー!最高でした!
あなた
ピザ食べるの久しぶりです!
五条悟
そうだったんだ!
普段はいつも何食べてたの?
あなた
昼ご飯はだいたいパンの耳でした笑
五条悟
え!?パンの耳!?
あなた
節約ですよ!
パンの耳だったら店で
無料でもらえるので!笑


すると五条さんはあなたの両手を握った

あなた
...え!!ど、どうしましたか!?
五条悟
これからは絶対成宮さんに貧しい生活させないから!!
あなた
は、はい、!!
(びっくりしたぁー、)
あなた
あ、そういえばお昼からはお仕事あるんですか?
五条悟
今休憩時間だから、
1時からまた仕事だよ!
あなた
え!?
五条悟
ん?どうしたの?
あなた
今1時半ですけど、、、
五条悟
え......まっ、いっかぁー!
休むよ〜!
あなた
いやいや、よくないですよ!
五条悟
大丈夫だって!僕最強だから!
あなた
理由になってませんよ!



ガチャ



伊地知潔高
五条さん!!
五条悟
あっ!伊知地ー!ピザ食べる?
伊地知潔高
食べません。あの1時に迎えに行くと言いましたよね?
五条悟
ごめーん!午後からの仕事は休むよー
伊地知潔高
ダメです!早く行きますよ!


伊知地さんは五条さんを引っ張った

五条悟
嫌だ!嫌だ!嫌だー!
あなた
...えっとー、
(何この状況、、、)
伊地知潔高
すみません、成宮さん!
夜には終わりますので!
五条悟
成宮さーーん!



ガチャ
あなた
一瞬で去っていった、