第10話

どうしようか 西島side





wake upといい、





champagne goldといい、




すっごいノリノリで踊ってくれたあなたちゃん




可愛かったなぁ〜(◦ˉ ˘ ˉ◦)ニヤニヤ




宇野)にっしーがニヤニヤしてる!



伊藤、與)キモ、



西島)千晃〜、與〜やめてよ〜



浦田)何考えてたの?



日高)あなたちゃん?



え!ひ、日高!



西島)(。゚ω゚) ビクッ!



末吉)図星か、



伊藤)何?あなたちゃんのこと好きになっちゃったの?



珍しく鋭い、



宇野)にっしーにも春が来たねぇ、



何それ!!



與)一目惚れやん(笑)



西島)一目惚れ、、、だね、



伊藤)確かに可愛いもんねぇ、



末吉)でも、ファンだぜ、どうすんの?



西島)(;-ω-)ウーン。どうしよう、



日高)高校3年生か、、



宇野)モデルとかできそうな子だよね〜



浦田)そう言えば、社長がavexからモデルを出したいみたいなことを言ってたような、、



日高)写真送ってみたら?社長に



與)あなたちゃんに言ってからな、



伊藤)もし、avexに入るってなったら、私たちの後輩か〜♡



宇野)楽しみだねぇ〜♡



日高)西島今何歳だってけ?



西島)お前と同い年だし!



日高)そっかそっか(笑)



宇野)25と18か、



伊藤)年の差恋愛♡いいんじゃない??




(ただいま、6周年です。)






めっちゃ話進んでるじゃん!