第14話

デカ! 浦田side





楽しくお話しならがら歩いてたら着いたみたい






あなた)ここだよ!





全員)デカ!




やばい、でかい、


豪邸だ、





昔ながらの伝統的な家


外観と中は大違い。


中はすごいオシャレ。






あなた)おかあさーん!



あなたママ)はーい!あ!AAAサン来たのね〜



全員)あ!さっき!



あなたママ)高校に連絡した者です、



宇野)うそ!あなたちゃんのお母さんだったの?



伊藤)小学生くらいの娘さんがおられるのかと思ってた。



日高)お母さん綺麗ですね、♡



あなたママ)うそ〜(///∇///)ゞ これでももう何歳になるんだっけ、えっと、



あなた)38。



あなたママ)ちょっと言わないでよ〜、



宇野)38!?見えないです!お世辞じゃなくて!



あなたママ)ホントに!?ありがとう😊



與)お母さんが美人さんやからあなたちゃんも美人なんやな!



西島)お父さん絶対イケメンだろ(笑)



浦田)確かに!



あなた)お父さんはいつ帰ってくるかな?7時くらい?



あなたママ)そうね、今日は早く帰ってきてって言ったからもうちょっと早いかな、



あなた)そっか〜、



あなたママ)AAAサンどこで寝てもらおう、



あなた)あそこは?



あなたママ)ちょっと掃除したけど、



あなた)じゃあ大丈夫じゃない?



宇野)私あなたちゃんと寝たい!



伊藤)私も!



あなたママ)フフっ。じゃあ、女の子はあなたの部屋で寝てくれる?男の子は客室に案内するわ。あなたに着いて行ってね〜、男の子、行くよ!



男子)はーい!じゃあねぇ〜



あなた)ヽ(・∀・)バイバーイ。じゃあ、行こっか。

















宇野)あなたちゃんの家広いね。



あなた)そんなことないよ(笑)



伊藤)あなたちゃんの部屋も広い??



あなた)どうだろ?10、、ちょっとくらいかな?



宇野、伊藤)え!10畳!?



あなた)うん!



宇野、伊藤)お嬢様じゃん(((ボソ



あなた)ん??



宇野、伊藤)なんでもないない!