無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

#65
慧side



カウンセリングルームで薮に頼まれた仕事をしてたらあなたと涼介が来た。


涼介に抱かれてたあなたは暴れて落ちそうになってたけど笑

いつもお喋りしてくるけど今日は短い単語ばっかり。

この感じだとまた退行したのかな?


あなたに急かされてあなたを抱っこすると嬉しそうに笑ってくれた。


あなたにお絵描きセットを渡して涼介と一緒にあなたとお話する。


退行は構ってあげると治ってくるからね。


涼介「あなたお絵描き楽しい?」

あなた「うん!」

「良かったね。」

あなた「せんせー、赤取ってぇ!」

そう言われから色鉛筆の赤をあなたに渡す。

あなた「ありがとう!」

しばらくお話しながらお絵描きしてたんだけどもじもじし始めたあなた。

涼介「あなたトイレ行こっか。」

あなた「いやぁ!!」

涼介「漏れちゃうよ、笑」

「いやいや言わないで行くの。笑」


仕方がなく涼介が抱っこしてカウンセリングルームにあるトイレへ。


このカウンセリングルームはトイレもついてるんだよね笑



しばらくすると戻ってきた笑


「はい、お絵描きの続きしな?」




少し不機嫌なあなたはお絵描きの続きをして機嫌を取り戻してた笑