無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

#14
あなたside


学校で倒れて病院に運ばれたんだけどいつも通ってる所だった。



涼介「あなた?」

「あっ、せんせ。」

涼介「少しは良くなった?」

「うん」

涼介「良かった。

それでさ、少しの間、入院してもらうんだけd.......」

「いやだ。」

涼介「えええ、笑」

涼介「でも、少しの間体休ませないとまた倒れちゃうよ?」

「いやだ。」

涼介「もぉーなんで嫌なの?笑」

「いやだから。」

涼介「理由になってない笑」

「だって.......」

涼介「ん?」

「だって.......だって.......」

涼介「大丈夫だから、言ってごらん?」

「だって.......暇なんだもん。」

涼介「ほえ?」

「暇なの。誰も来ないし、お母さんは忙しくて来れないし、楽しくないもん。」

涼介「大丈夫、俺が来てやる。」

「え?だって先生仕事じゃん。」

涼介「休憩の時間とかに来てやる。来れる時は行く。」

涼介「それと伊野ちゃんや大ちゃんも来てくれるよ?」

「.......ほんとに来てくれる?」

涼介「うん、約束する。」

「.......じゃあがんばる。」

涼介「よし、偉い」



あぁぁ、最悪。
でも涼介先生達がいるからいっか。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

あなたサンお久しぶりです!!


作者ココ最近忙しくてしばらく更新出来ませんでした!!
すみません!


いやー、ライブに向けてカンペうちわ作るのに忙しくて笑


まぁ、頑張って作りますわ笑



こんなアホな作者でもよろしくお願いしますッ笑

引き続き、投稿は🐢ですが、JUMP病院~9人の先生~をよろしくお願いしますッ⸜❤︎⸝‍



それでは👋