無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第121話

#88
圭人side



あなたちゃんと一緒に病室へ。


って思ったんだけど、ナースステーションにちょうどあなたちゃんが大好きな伊野ちゃんが入った笑



立ち止まってずっと見てる笑


「伊野ちゃんの所行く?笑」

あなた「うん!」


あなたちゃんを伊野ちゃん所に連れていくと


慧「あ、あなた。」

あなた「慧先生!」


すぐ気づいてくれたみたいでものすごい勢いで抱きついていた笑


慧「どーしたの?」

あなた「なにもない!!」

慧「え〜?なにもないの?笑じゃあ圭人と一緒にお部屋戻りな?笑」

あなた「いい!ここ!」

慧「お部屋戻んないとダメだよ?笑あ、そうだ、圭人からお勉強教えてもらいな?」

あなた「んぅ?」

慧「英語のお勉強、あなた英語好きでしょ?」

あなた「すきぃ!!」

「じゃあ先生とお部屋戻って一緒に英語のお勉強しよっか!」

あなた「うん!」

慧「あなた頑張ってね?笑」

あなた「慧先生ばいばい!」

慧「ばいばい。笑」


伊野ちゃんと別れて再びあなたちゃんの病室へ向かった。