無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

#11
涼介side


慧「あなた、俺の方に顔向けててね。」

あなた「んぅ、、、、、、、」

「消毒して、よし、あなた?刺すよー」

あなた「痛っっ、((涙」

「じゃあ入れるねー、」

あなた「痛いーーーー!!!((泣」

「よし終わり終わり!」

慧「頑張っ頑張った!」

あなた「グスン.......」

「偉かったね。」

慧「あなた涙拭こか。」

あなた「やって、、、、?((泣」

慧「いいよ。」

「あ、あなたちょっと待ってね。」


慧に涙を拭いてもらってる間、自分のディスクに行き、お菓子を取ってきた。


「あなた、はいこれ。」

慧「おー、あなた良かったじゃん!!」

あなた「ありがとう。。。」

「お家帰ったら食べな?」

あなた「うん!」

「よし、また2週間後ね。」

あなた「うん。バイバイー!」

「バイバイ。」

あなた「あっ、ねぇねぇ、待合室まで一緒に来て?」

「いいよ?」

あなた「慧先生もー!」

慧「はいはい笑」