無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

番外編#3
涼介side



あなたと一緒にオムライス食べて、それからも買い物をして夕方になった。


「もうこんな時間か。」

「はやいね、」

あなた「あなたさ、涼にぃにとバイバイするの嫌だ。」


え、?はい?あなたさん?今なんとおっしゃいました?!笑


あなた「もっと一緒にいたい!!」

「でも、帰らないと、お母さん心配するよ?」

あなた「いいよ。涼にぃにと一緒に居れるもん。」


おい、笑

まぁ、そんなとこも可愛いけどね。



「じゃあお母さんに内緒で少し遠回りして帰ろ?」


あなた「うん、手繋ご?」


「いいよ。」







あなたside

涼にぃにと一緒に遠回りして家に帰ることになった。



いつもとはちょっと違う涼にぃにと過ごせて今日は嬉しかったな。


「ねぇ、涼にぃに?」

涼介「ん?」

「また、買い物行こっっ!」

涼介「もちろん。いいよ?」

「やった!」



遠回りして帰って、自分の家のドアの前まで来た。


涼介「あなた今日はありがとね。楽しかった?」

「うん.......」

涼介「なーに、テンション下がってんの!ほらほら、元気だして!」

「だって、お別れじゃん.......」

涼介「え、?来週また会えるよ?」

「え、?またお買い物!?」

涼介「いや、あなた小児科の予約が入ってるでしょ。」


「あ、そーだった。。。。」


涼介「来週また会えるからね?病院でだけど。」

「うん.......」

涼介「ほら元気だして!!じゃあまた来週ね?」

「うん、バイバイ。」

涼介「バイバイ」



楽しい休日になりました!






番外編END







୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


どーも!

番外編を読んで頂きありがとうございました!!

本編の方は次回から再開しますッ。

そちらの方もぜひ読んでくださいッ!



で は ッ 👋



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧