無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

#42
涼介side



あなたとご飯を食べてから伊野尾ちゃんは仕事へ戻った。


もうそろそろで帰る時間だな。



「あなた?もう帰る時間だよ。」

あなた「えー」

「えーじゃない笑今日お母さんいつもより早く帰ってくるんでしょ?」

あなた「帰ってこない。」

「え?笑」

あなた「だから帰ってこない!」

「じゃあ一人で帰ってね?笑俺もう帰るから。」

あなた「え!嫌!待ってぇ!」

焦り始めた笑

あなた「帰ろー!」

「さっき帰らないって言ったじゃん笑」

あなた「言ってないの〜!」

「そうかなぁ?笑」

あなた「うん」

「じゃあ帰ろっか笑」

あなた「うん!」




裕「あっ、あなたちゃん!!」

侑「久しぶりだねー!笑」


あなた「あっ、知念クンと裕翔クン!」

裕「あれ?山ちゃんお帰りですか?」

「そうだよ。笑家まで送ってあげないとだから笑」

侑「そうなんだ笑」

裕「じゃああなたちゃんまたね!」

侑「バイバイ!」

あなた「バイバイ」

裕「山ちゃんもお疲れ様でした!」

「ありがとう笑」




裕翔達にバイバイして病院を後にした。





「はい、着いたよ、」

あなた「嫌……」

「お母さんいるでしょ?」

あなた「……一緒」

俺の服ぎゅって握って離してくれない笑

「また明日も会えるでしょ?」

あなた「ん……」



ガチャ


あなたのお母さん出てきた笑


あなた母「あら、涼介先生!」

「あっ、こんにちは。」

あなた母「わざわざここまでありがとうございました。
さっ、あなた家の中入るよ。」

あなた「え……」

まだぎゅって握ってる笑

「また明日ね?」

あなた「……ん」

「バイバイ?」

あなた「……バイバイ」


あなた母「ありがとうございました。」

「いえいえ、また明日ね。」


あなたは恥ずかしがり屋だからお母さんの前では甘えてるところ見せないんだよね笑


しょうがなく家に入っていった笑


まぁ、そんな所も可愛いあなたです笑







୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

今日から毎日更新頑張ります!



リクエスト募集中です!笑

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧