無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

#29
光side


あなたが涼介に抱っこされて来た笑笑


「あなた、パジャマ脱いでここ入れてね。」

あなた「うん」


あなたがパジャマを脱いでる間、あなたの前に入ってた子のパジャマを干して。

あなた「ヒカ出来たよ~」

「じゃあお風呂行こうね。」



「先、頭と体洗って入れそうだったら湯船浸かっていいよ」


退行してるって聞いたけど1人でできるかな笑笑

あなた「ヒカやってぇぇ」

だろうと思ったよ笑

「いいよ、頭から洗うよ?お目目閉じて」

ギュッって目を瞑るあなためっちゃ可愛い笑笑

すぐ洗ってあげて。

「よし。終わり、お目目開けていいよ。」

体も洗ってあげて、

「お風呂ジャボーンする?」

あなた「するー」

「じゃあ3分ね」



3分後


「3分経ったから上がろっか」

「このバスタオルで体拭いてね。」

あなた「ヒカぁ、」

もぉ笑

体を拭いてあげて髪の毛も乾かしてあげて、

「よし、涼介のところ戻ろっか。」


多分歩いてくれないから抱っこをして涼介が居るナースステーションへ向かった。