無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#8
涼介side

雄也も呼び大ちゃんも呼んだ。


「あなた、大ちゃん達来たから頑張れそう?」

あなた「うん.......」

「じゃあ大ちゃんに手繋いでもらって、もしもしさせてね〜」

雄也「服捲るよ」

「よし終わり!じゃあ喉みせて」

あなた「いや、、、、」

「うーん、じゃあ、あーって言って」

あなた「あー、、、、」

大貴「よし、偉いね」

「終わりだよ。」

「次さお腹みたいから横になって?」

あなた「無理.......((涙」



やばい、少し泣きそうになってきた笑

いっぺんにやりすぎたかな?笑

少し泣きそうだから予防接種再来週にしよと。笑


雄也「あなた、これしたら終わりだよ」

大貴「頑張ってみよーぜ?」

「そうだよ、終わり。だから頑張ろ?」

あなた「.......ん」






「じゃあお腹触るよ〜」

「痛いところある?」

あなた「ない.......」

「よし、ほんとに終わり!」

大貴「はい、これ!」



大ちゃんはあなたにキャラクターのシールを渡した。


「あなた良かったね」

あなた「あー!サンリオだぁー!」

たちまち笑顔になったあなた。

雄也「頑張ったからね」

「あ、あなた、サンリオ大好きだもんね」

あなた「うん!」

大貴「ほんと!良かったーー!」

あなた「ありがとう!」

「じゃあ次は、再来週月曜日ね、学校終わったら来てね」

あなた「はい、バイバイ!」

雄也、大貴「バイバイ」








୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧



今日は思い切って2個投稿しちゃいましたぁぁ😳

次回は予防接種について書きたいと思いますッ⸜❤︎⸝‍

お楽しみに~💖





それではッ👋





୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧