無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

#77
涼介side



今日の夜ご飯は小児科の病棟では人気のメニュー。


「今日はビーフシチューだよ〜」

あなた「……いらない」



まだ微熱だもんな笑


「ほら、これ好きでしょ?」


サラダについてるトマト


「これなら食べれそう?」

あなた「ん……」


トマトだけ食べたところで


あなた「もういらない……」

「もうお腹いっぱい?」

あなた「うん……」

まぁ、お昼ご飯久しぶりにいっぱい食べれたし、おやつも食べたもんね笑


「じゃあ終わりにしようね。」

あなた「んん、抱っこぉ……」

「え?笑どーしたの?笑急に」

あなた「抱っこぉ……」

「おいで?笑」


手を広げるとすっぽり入ってギュッて抱きついてきた。


まだまだ子供だな笑


あなた「……おうちぃ」

「ん?お家?」

あなた「……いきたいのぉ」


お家行きたいって笑まだ熱もあるのにね笑


「お家か……笑あなたが頑張ったら行けるよ?」

あなた「……今がいいの」

「今はねあなたはお熱があるでしょ?だから行けないよ。もう少し頑張れば行けるよ?」

あなた「……じゃあ頑張る」

「あなた偉いね?」


って言いあなたの頭を撫でると照れたように笑う。



しばらく抱っこしてたら眠くなったみたいで寝た。