無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1
あなたside

あなたは朝起きたら体調が悪かった。

「なんかいつもと違うな」




母「あなた早く起きなさい!」

「もうこんな時間!」


急いで下に行った。



母「おはよう」

母「なんかあなた顔色悪いね。」

「少し体調悪い。。。」

母「じゃあ今日は、病院行こっか。」

「えー、やだ!」

母「だめー、行くわよ」

「.......はい。。。」



最悪だよ。病院行くなんて。。。お母さんに体調悪いって言うんじゃなかった。