無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

#13
涼介side

救急車が到着した。

「小児科医の山田涼介です。大丈夫ですか?」

「って、ん?」

あなた「はぁ、、、、」

「あなた?あなた大丈夫か!?」

光「え、あなた?」

あなた「せんせ、、、助けてぇ((泣」

「大丈夫、今助けるからな。」

「色々処置しないとだけど我慢出来る??」

あなた「無理。。。。」

ですよね。笑

なんだかんだ言いながら処置室へ着いた。



「光クン輸血お願い。」

光「分かった。」

あなた「なにするのぉぉぉ((涙」

「あなた輸血をこれからするんだけど頑張れるかな?」

あなた「え、点滴??」

「まぁ点滴みたいなもんだね。」

あなた「嫌だぁぁ、」

やばい、グズグズし始めた、これは大変だ。

光「輸血すると体が楽になるよ?」

光クンがフォローしてくれた!

「頑張ってみよ?」

あなた「.......ん((泣」

「よし、偉い!すぐ終わらせるからね。」

光「じゃあ、あなた針刺すね〜、」

あなた「痛いーーー!!!((涙」

光「はい、終わり!!よしよし、頑張ったねぇ。」

あなた「.......グスン((涙」