無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

#50
涼介side


あなたを寝かせてカルテを見てるとここ1週間毎日体重測ってるけど減ってきてるのが分かる。

ご飯全然食べれてないしな……


大「山田ぁ〜どーしたの?笑変な顔して笑」

「え、大ちゃん!?居たの?笑笑」

大「いるわ笑山田顔色良くないよ?」

「え?笑」

大「えじゃなくて笑仮眠室でちょっと休んだら?」

「いい、俺まだ仕事残ってるし。」

大「え〜無理は禁物だよ?何か悩んでんの?」

「うん、少しね。」

大「なに?」

「あなたのことで。」

大「あなた何かあったの?」

「体重がめっちゃ落ちてさ。最近ご飯も食べれてないんだよね。」

大「ゼリーとかも食べないの?」

「うん、全然口にしなくなった。」

大「そうだなんだ。」

「点滴したほうがいいよね。」

大「そうだね。」

「じゃあそうするわ。ありがとう大ちゃん。」

大「いえいえ。それより早く休んできな?」

「分かったよ、」



仮眠室へ行き少し体を休めた。