無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

#76
涼介side



裕翔たちに遊んでもらってすっかりご機嫌なあなた。


出来ればそのまま夜ご飯も食べて欲しい笑



圭「失礼します!あなたちゃんご飯届けに来ましたー!」


「あ、圭人ありがとう。」

あなた「あっ!あっ!圭人くん!!!」

圭人が来て一気に興奮し始めたあなた。

圭「久しぶりだね?」

あなた「うん!!」


圭人はナースステーションの看護師じゃないからあんまり来る機会がないもんな〜。


「会えて良かったねぇ〜」


あなた「うん!」



圭「じゃあ俺他の子達にも配膳しないといけないので失礼しますね。」

「ありがとね」

圭「いえ、あなたちゃんまたね?」

あなた「バイバイ……」


おお、いきなりテンション下がったな笑


あなた「圭人クン……」

「圭人お仕事だからね?笑俺じゃダメ?」

あなた「……」

反応なしなんかい。

「俺じゃ嫌なら1人でご飯食べてもいいよ?」

あなた「いやっ!」

「じゃあ俺でいいのね?笑」

あなた「……涼介先生じゃないとやなのぉ」



可愛すぎかよ。


「そうなの?笑じゃあ今日は特別にあーんしてあげるからご飯食べよっか!」

あなた「……んーん」

「お腹すいてない?」

あなた「……んーん」


お腹すいてない訳ではなさそう。


「どうして?食べたくないの」

あなた「……美味しくないもん」

そーゆうこと笑嫌いな食べ物があるからってことか笑

「じゃあ食べれるの食べればいいよ。」

あなた「……わかったぁ」

「よし、食べよっか!」







୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


皆様!

ノンジャンルのデイリーランキングで最高78位を取ってた模様です!笑


ほんとにありがとうございます!!


嬉しいです🙇‍♂️


これからもよろしくお願いします🙇‍♂️


↓↓↓幸せです。