無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

リクエスト
涼介side


あなた「ふぇっ……泣」

「痛いね〜、」


今日のあなたは朝からずっとこんな感じ笑

朝からお腹が痛いらしくずっと痛いって言ってる。

多分ストレスとかかな。


「あなた?ちょっとお腹あっためる?」

あなた「……コクリ」

「じゃあちょっと待ってね。湯たんぽ持ってくるから。」

今日はお腹がよっぽど痛いのかいつもならクズる所もグズってない。




湯たんぽを持ってまた病室へ


「あなた?」

待って、さっきより顔が涙で濡れてるんですけど。笑


あなた「……グズッ」

「痛い?」

あなた「……んーんグズッ」

「じゃあ涼介に何があったか教えて?」

あなた「寂しかったの……ヒクッ涼介先生どっか行ってあなたのこと1人にした……ヒクッ」

寂しかったのか。

「ごめんね、あなたのお腹が痛いのがなくなるように湯たんぽ持ってきたんだよ。寂しい思いさせてごめんね」

あなた「……グズッ抱っこ」

「いいよ、おいで。」


あなたを抱っこして泣き止ます。


「よしよし」

湯たんぽでお腹を温めながら背中をトントンしてたら寝息が聞こえてきたからベット下ろそうとしたら

あなた「いや……泣」

「あー、ごめんごめん笑」

まだ寝てなかったのかい。

あなた「……ずっと抱っこがいい」

「わかったわかったずっと抱っこしてよーね。」





その後もあなたが寝て起きるまでずっと抱っこして、今日は一段と甘えん坊なあなたサンでした。

腹痛も次の日になったら治まってたからよかった。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

ハナヒナさんリクエストありがとうございました💖

こんな感じですかね笑((知らんのかい

気に入らなかったら申し訳ございません🙇‍♂️

もう1つのリクエストの方も書かせて頂きます💖✊







まだリクエスト募集しているのである方は是非🌾どーぞ。笑笑←


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧