無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

リクエスト
あなたside


朝から少し体調悪かったけどお母さんに心配かけたくないから学校へ無理して行ったけどそろそろ限界……



お腹痛くなってきちゃった……




「……うっ」

保健室の先生「あなたさん?大丈夫?」


たまたま通りがかった保健室の先生が保健室に連れって行ってくれた。


保健室の先生「はい、熱測ってね。」


ピピッ


しばらくして体温計がなってディスプレイを見ると『38.5』の表示が。


「……やば」

保健室の先生「何度?」

先生に体温計を渡した。

保健室の先生「こんな熱でよく学校来れたね」

「朝から少し体調悪かったんです。でも寝れば治ると思うんで!」

保健室の先生「お腹の痛みもあるし、少し心配だから病院行った方がいいと思うよ?」

「……大丈夫です」

フラッ

保健室の先生「ちょっとフラフラしてるじゃない。大丈夫?」



そう言ったのが聞こえたがそこからは覚えてない。



涼介side

慧「涼介、あなたが運ばれてくるって。」

「え?なんで?」

慧「なんか腹痛で気を失ったらしい。」

「とにかく行ってくる!!」

慧「俺も行くよ。」

しばらくして救急車が来た。

「変わります。あなた?あなた聞こえる?」

あなた「……ん」

慧「やばいな、処置室運ぼ!」

「うん」


処置室に運んで点滴を打って熱を測ってみると



「39.0度……」

慧「よく学校行ったな笑」

「無理しないで欲しいけど……」

慧「ね笑」






その後、腹痛も治まって家へ帰った。





୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
山ちゃんさんリクエストありがとうございました!


気に入らなかったら申し訳ございません🙇‍♂️






リクエストまだ募集中でございます!!笑