無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

#19
あなたside


お昼ご飯を食べて、涼介先生に抱っこしてもらってたらいつの間にか寝てたみたい。


てか、さっきより体が怠くなった気がする。

少し気持ち悪いし。

もしかして熱上がった??

熱上がってたら痛いことされるじゃん!

でも、先生達に見つかんなければ大丈夫か。


コンコン


誰??こんなタイミング良く来る人。笑

?「あなた入るよ?」

あっ、慧先生か。

って、慧先生に見つかったらダメじゃん。

隠れないと……


ガラガラ


慧「あなた?笑」

慧「何隠れてんの?笑」

なんか聞かれてるけど無視笑

慧「出ておいで。なんもしないから。」

え?今なんもしないって言った?

「ん……」

慧「あっ、出てきた笑」

「ん。」

慧「おいで。」

「うん……」

慧先生が抱っこしてくれた。


慧「あ、あなたお熱測ろっか。」

え、熱あることバレるじゃん。

「いやだぁぁ!」

慧「大丈夫、確かめるだけだから」

そう言われてがっちり固定された。

「んぅ……」

ピピッ

慧「よし、おしまい。」

「……何度??」

慧「38.5℃」

え、めっちゃ上がってんじゃん……

慧「寒くない?大丈夫??」

「……少し寒い」

慧「パーカー着る?」

「……うん」

慧先生がパーカーを取ってくれてパーカーを着た。








୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

あなたサンこんにちわ!

更新遅くてすみません!!



今回お知らせがあります!

新作を出そうと思ってますッ⸜❤︎⸝‍

明後日?明日?ぐらいに出させていただくので良かったら見てくださいッ🙌


新作と一緒にこの小説も更新致しますッ🙌

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧