無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

#37
あなたside


今日から久しぶりの学校に行く。


母「あなた、起きなさい!学校遅れるでしょ!」


もぉ、朝からうるさいな。

学校へ行く支度をして下に降りる。

「おはよう」

母「おはよう、今日から学校だけど無理しないでね。」

「分かってるって!」

昨日から何度も言われている笑

母「具合悪くなったらすぐ保健室行くこと!」

「分かった。」

母「お母さんも先生には言っとくからね。」

「ありがとう」


学校へ行く時間になり学校へ向かった。


1時間目、2時間目と順調に4時間目まで突入した。
今日は久しぶり最後まで保健室行かなくていいかも笑笑

必ず毎日どっかで具合悪くなって保健室行ってるからね笑

でも、5時間目の体育をし終わった頃気持ち悪くなった。

担任の先生が保健室へ連れて行ってくれて、ベッドに横になった。


保健室の先生「あなたちゃん、まだ具合も良くないから早退して病院行った方がいいと思うからお母さんに連絡しとくね。あと、病院にも連絡しとくね。」

え、病院行くの.......?いやだぁぁぁ泣

保健室の先生「お母さん忙しいみたいで来れないみたいだから.......」

おっ、これは病院なしになった?笑笑

保健室の先生「代わりに病院の先生が迎えに来てくれるから荷物持ってくるね。」

「.......はい」

病院の先生って誰?涼介先生?でも忙しいんじゃないの?あっ、慧先生がいいなー笑


10分後


ガラガラ

?「あなたをお迎えに来ました。」

.......この声は!


慧「あなた?大丈夫?」

慧先生だった。

慧「涼介からも無理するなって言われたでしょ?」

「.......うん」

慧「で、吐き気だけ?他はないの?」

「頭痛い.......」

慧「んー、熱は無さそうだね。多分もう涼介診察の準備出来てるから病院行こうね。」

「いやだぁぁぁ」

慧「大丈夫、大丈夫。歩ける?」

「.......うん」


慧先生に荷物を持って貰って、慧先生の車に乗る。

慧「気持ち悪くなったら我慢しなくて吐いていいからね。」


学校から出てしばらくしたら吐き気も強くなって


「.......おえっ」


吐いちゃった.......

慧「大丈夫だよ、まだ吐きそう?」

「.......フルフル涙」

慧「口の中気持ち悪いでしょ?もうちょっとで着くから待ってね。」






病院に着きうがいをして診察を受けた。