無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

#17
涼介side





さっきあなたと話してみたら元気そうだったみたいで安心した。

もう少しでお昼の時間になるからあなたの部屋にお昼ご飯を届けに行った。


コンコン

「あなた、入るよ?」

あなた「うん」

「あなたお昼ご飯だよ~」

あなた「ありがとう……」


てか、あなたさっきの元気どこ行ったの?笑

もしかして食欲無いとか??


「あなた食欲無い??」

あなた「いや……あるよ。」


とは言ってるけど目が泳いでるよ笑


「じゃあ、ご飯食べれそ??」

あなた「……うん」

「分かった、無理しちゃダメね。」

あなた「……はぁい」

「また来るね」


部屋を出て行こうとしたら、白衣の袖を掴まれた。


あなた「……行かないで((涙」


うるうるの目で行かないでって笑


「分かった、分かった、じゃあご飯食べ終わるまで一緒に居てあげる」


1人にするのも可哀想だからご飯が食べ終わるまで一緒にいてあげることにした。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

あなたさん!!

ॱ॰*❅HAPPY NEW YEAR❅*॰ॱ

あけましておめでとうございますッ💖

って言っても2日ぐらい遅れてますね笑


今年も投稿は🐢ですがよろしくお願いしますッ🙏




あっ、作者、PARADE2日間参戦してきましたぁぁ⸜❤︎⸝‍

めっちゃ楽しかったですッ😳


あと、山田クンの体調が心配です。

ゆっくり休んでもらいたいです。。。





とりあえず今年もよろしくお願いしますッ⸜❤︎⸝‍



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧