無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

#35
涼介side


そろそろあなたも長い間入院してるから学校の勉強についていけなくなっちゃう。


この前あなたの様子見に行こうとしたらあなたの担任の先生が居てびっくりしたわ。笑笑


めっちゃ大量のプリント貰ってたんだよな笑

大丈夫かな笑
やらないといけないけどあんまり無理しちゃうと体壊しちゃうと悪いから笑笑


これからどうするかあなた聞いてみよ。

「あなた〜」

あっ、ちょうどプリントやってた笑

あなた「なに〜?」

「勉強してんの?」

あなた「うん、だってこれ全部終わらせないといけないんだもん。」

「そっかそっか、わかんない所ない?」

あなた「.......いっぱいある笑だから、先生が教えて!」

「え?笑笑俺?」

あなた「.......だめぇ?」

なんだよその目笑

「わかったわかった笑笑」

あなた「やったぁ!」

「どこが分かんないの?」

あなた「これとこれとこれとこれ!」

「いや、全部じゃん笑」

.......どれどれ、いや、俺も分かんないのちょくちょくある笑



苦戦しながら30分後


あなた「出来たー!」

「良かった笑」

あなた「先生ありがとう!大好きー!」 


って言いながら飛びついてきた笑

「いえいえ笑また分かんなかったら教えるね。」

あなた「ありがとう!」


良かったしっかり教えられて笑