無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#3
あなたside

小児科の窓口にカルテを出しに行った。

慧「お!あなた!おはよう。」


慧「あなたお熱測ろー。」


「え、やだ。」


慧「確認するだけだからね??」


慧「頑張ってみよ??」


慧先生が体温計を渡してきた。




慧side


今日は、あなたが小児科へ来た。

あなたに体温計を渡しても受け取ってくれないや。。。どーしよ。。。


「あなた、俺が測ってあげようか?」

あなた「うん.......」

「よし、おいで?」


よし、素直に来てくれた。


ピピピッ

「あなた終わったよ~」

「ママのところ戻っていいよ、呼ばれるまで待っててね~」

あなた「ここじゃダメ?」

「いいよー、じゃあ待ってよっか。」

あなた「うん。」


しばらくするとあなたが呼ばれた。


「呼ばれたね、そこから入っていいよー」


お母さんと一緒に診察室へ入るあなた。