無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

#41
慧side



涼介からあなたが来たって連絡が来てあなたの所へ行った。


今あなたは勉強してる


あなた「慧先生」

「なーに?」

あなた「これ分かんない」

「これ?」

あなた「うん」

「これはこーして.......」



分かんない所を教えてあげた笑


あなた「わかった!ありがとう!」



勉強を1時間くらいしたらもうすぐお昼の時間に。


「あなたそろそろご飯買いに行く?」

あなた「行くー!」

「じゃあ売店行こっか笑」

あなた「うん!」



あなたと一緒に売店に行った。



「食べたいの決まったらこのカゴに入れてね。」


あなた「これー」

あなたがカゴに入れたのはサンドウィッチとお茶。


「これだけで大丈夫?」

あなた「うん」

「ゼリーいらないの?」

あなた「いる!」

「じゃあゼリー選んで笑」

あなた「みかんゼリー」

「みかんね笑わかったよじゃあ会計するね。」




会計を済ませてナースステーションへ戻った。




涼介「伊野尾ちゃんとあなた〜」


お昼休憩の涼介も来た。


あなた「涼介先生も一緒!」

涼介「え、いいの?笑じゃあ一緒に食べようかなー笑」

「涼介ご飯は?笑」

涼介「俺、これから売店行こっかなって思って笑」

「おにぎりでいいならあげるよ。余分に買ったから笑」

涼介「え、ありがとう笑」

「いえいえ、さっ、座って食べよ」


3人でお昼ご飯を食べた。







୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

あなたさんお久しぶりです!!

久しぶりの更新です😖


毎日更新終わったら全然更新してませんでした🤧
すみませんでした🙇‍♂️


作者は今年受験生なのでなかなか更新できないかもしれませんがこれからもよろしくお願いします🙇‍♂️