無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第115話

#83
涼介side


あなたをトイレに連れて行ったんだけど、中々出てこない。


どうしたんだろ。



あなた「……グズッ」


ん?もしかして泣いてる?

「あなた、1回出ておいで。」


泣きながら出てきてくれたあなた。

「どうした?」

あなた「……お腹」

「お腹痛い?」

あなた「……うん」

「じゃあ少し横になってみよっか、」


あなたを横にならせてお腹を触ってみるとだいぶ張っていた。


多分便秘だな。


「よし、もういいよ。」

あなた「……ん」

「ご飯食べれそう?」

あなた「……んーん」


お腹が張ってるもんな笑


「じゃあ、ちょっと頑張ろっか。おいで。」


歩くのも辛そうなあなたを抱き上げて処置室へ……って思ったんだけど


あなた「いやだぁ……涙」

処置室に行くって分かったみたいで泣きそうに笑

「頑張らないとあなたお腹痛いの治んないよ?」

あなた「やだぁぁ!!泣」

「ちょっと頑張ろうね〜」

あなた「やだ!泣」


ヤダヤダ暴れてるけど強制連行しまーす。笑


「はい、ごろーんして。」

あなた「しないの泣」

「はい、しまーす。」

あなた「んん……やだ!泣」

「もう泣きすぎ笑」

あなた「やなんだもん!!泣」

うーん、どうしたら頑張ってくれんのか笑

あっ、俺いいこと思いついちゃったよ笑