無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

#40
涼介side



学校終わりのあなたが病院に来た。


「あなた、待ってたよ〜」

あなた「あっ、涼介先生!」

今日はナースステーションの方の仕事だからあなたをナースステーションの中にある部屋へ連れて行く。


「ここのお部屋で勉強とか好きなことしてていいよ。」

あなた「わかったぁ!」

「じゃあ先生また来るからね。」

あなた「慧先生は?」

「伊野尾ちゃんは今休憩だと思うよ、呼ぼっか?」

あなた「.......いいのぉ?」

「伊野尾ちゃんはあなたが来たら電話してって言ってたから大丈夫だよ。」

あなた「じゃあ呼んで」

「分かった、ちょっと待ってね。」



伊野尾ちゃんに電話をかける。


「あっ、もしもし〜」

慧「涼介?どーかした?」

「さっきさあなたが来て」

慧「あっ、そっち今から行くね。」

「休憩中にごめんね。笑」

慧「全然笑」




「あなた?今来るからね。それまで先生と居ようね。」

あなた「うん!」


いつもより元気だな笑


5分くらいして伊野尾ちゃんが来た。

慧「ごめんね、あなた遅くなった笑」

あなた「大丈夫ー!」


伊野尾ちゃんが来たらめっちゃテンション上がって抱きついてた笑

よっぽど伊野尾ちゃんのこと大好きなんだな笑

「じゃああなたまた来るね。」

あなた「バイバイ!」



あなたを伊野尾ちゃんに任せて俺は仕事へ行った。