無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第87話

#58
あなたside



おやつを食べ終えて食器を片付けてきた。




なんかさっきより怠くなったのは気のせいかな?



少し怠いし、もうちょっとだけ寝ても大丈夫だよね……?

よし、寝よう





布団をかけて目を閉じた。






雄也side



涼「雄也って今日お風呂担当?」


え?今日俺お風呂担当だっけ?笑


担当表を見てみるとしっかり髙木って書いてあった。


「あ、おれだ。笑」

涼「忘れるなよ笑それでさ、あなたにお風呂行かせてくれる?」

「わかった、ご飯食べる前でいい?」

涼「うん、全然いい。」

「了解、じゃあ俺、他の子風呂入れてくるね。」



他の病室の子達を一通りお風呂に入れて最後はあなたに。


ガラガラ



「あなた〜?」

あなた「……」

あっ、寝てる。

起こさない方がいいのかな?でももう少しで夜ご飯だし起こした方がいいな。

「あなた、起きて。」

あなた「……」

あれ、なんか体熱いな。

……体温計

あっ、あった。



体温計をあなたの脇に挟んで鳴るのをまつ。



ピピッ


うーん、微熱だな。


とりあえず涼介に報告だな。



あなたの病室を一旦出て涼介の所へ


「涼介〜」

涼「ん?」

「あなたが微熱出たみたいで寝てる。」

涼「え?まじ、ちょっと診察しに行くか。」



涼介と一緒にまたあなたの病室へ向かった。