無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

#71
涼介side


あなたの様子を見ながら仕事をしてるとモゾモゾまた動きだしたあなた。

そろそろ起きるかな?


あなた「……せんせ」

あっ、起きたな。

「あなたおはよう」

あなた「ん……」


目をグジグジこすってる笑


「あなたおやつ食べる?」

あなた「……おやつ?」

「そう!今日はクッキーだよ。」

あなた「……食べる」

「じゃあ持ってくるね。」

あなた「……いやっ」

「ん?先生すぐ戻ってくるよ?」

あなた「……んーん」


どうしたんだろう。


「あなた何が嫌なの?」

あなた「……ひとりぃ」


不安定だからかな。


「じゃあ、先生と一緒に取りに行こっか!」

あなた「ん……」

「よし、おいで。」


布団の中から顔だけ出しているあなたに声をかけて抱っこする。

熱も少し下がってきたかな?



抱っこしたまま配膳ワゴンへ行った。