無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

思い出せない
____________________






大丈夫かい?






____________________










ザァァァァァァ(雨の音)

誰かが私を運んでいる。

誰だろう……わからない。










____________________







……て


…きて


起きて




…パチ(目を開ける)



???
よかった。起きた。
(なまえ)
あなた
だ…れ…?
五条悟
五条悟
僕は五条悟。
東京都立呪術高等専門学校の1年担任であり、
特級呪術師でもある。
(なまえ)
あなた
じゅ…じゅつし…
(なまえ)
あなた
ここは?
五条悟
五条悟
ここは高専の空き部屋だよ。
五条悟
五条悟
分かっていないようだから説明するね。
君は雨の中新宿の路地裏で倒れていたんだ。
そこに僕が来て君を助けた。
君の名前は?
(なまえ)
あなた
私はあなた
(なまえ)
あなた
下の名前しか思い出せないの…
五条悟
五条悟
…そうなんだね。
じゃああなた
君は何で路地裏で倒れていたんだい?
(なまえ)
あなた
それもわからない…
五条悟
五条悟
…とりあえず今日はここの部屋を貸してあげるからゆっくり休んでね
(なまえ)
あなた
ありがとう。
五条…さん
五条悟
五条悟
悟で良いよ
(なまえ)
あなた
わかった…悟。