無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

呪具
五条悟
五条悟
あなたが本格的に呪術師になるって事学長に言わなきゃね〜
(なまえ)
あなた
そうですね、入学手続きを最初にしておいたとはいえお偉い方達にも一言声をかけとかないと
五条悟
五条悟
めんどくさ〜…
(なまえ)
あなた
ちゃんと言ってきてくださいよ?
五条悟
五条悟
わかってますよ〜
こんな話をしながら廊下を
歩いているとふと思い出した
(悠仁達とはさっき別れた)
(なまえ)
あなた
あ、そういえば悟
五条悟
五条悟
ん〜?
(なまえ)
あなた
さっき呪具がなんちゃらかんちゃらとか言ってたけどなんですか?
五条悟
五条悟
あ〜それね
五条悟
五条悟
「呪具」って言うのは、呪力を持った武器のことで、これは特別な力を持っていないと使えないというものではなく、これを使うことにより呪力のない人間でも呪霊を払うことができる優れものさ
(なまえ)
あなた
へぇ〜…そんな物があるんですね
(なまえ)
あなた
それなら私でも戦えますね
五条悟
五条悟
呪具にもいっぱい種類があるからあなたに似合うの選んでくるよ🎶
(なまえ)
あなた
ありがとうございます悟先生!
五条悟
五条悟
あれ、先生って付けてたっけ…?
(なまえ)
あなた
いやぁ悟ってずっと呼んでたけどいちよう先生だったなぁって今改めて思いまして(^^;アハハ
五条悟
五条悟
え?!今?!
(なまえ)
あなた
今…です…(--;)
五条悟
五条悟
僕そんなに先生らしくないかなぁ😔
(なまえ)
あなた
まぁ…先生というか…
(なまえ)
あなた
近所のお兄ちゃん的な!!
(なまえ)
あなた
近所のお兄ちゃんとか居た事無いけど(^^;
五条悟
五条悟
ガーン(._."Ⅱ)
(なまえ)
あなた
そ、そんなに落ち込むとは💦
五条悟
五条悟
まぁいいや!
そんなけ若く見えてるって事でしょ♡
???
やかましいぞアラサー