無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

恥ずか死
悟先生に担がれた…ってことはまさか…
シュンッ
(なまえ)
あなた
やっぱり瞬間移動しちゃうよねぇ
(なまえ)
あなた
ってあれ?悠仁、どうしたの?
そんな格好して
虎杖悠仁
虎杖悠仁
俺もわかんない…
五条先生にこれ着て待っててって言われたから
悠仁を見るとタキシードっぽい服を着てた。
(なまえ)
あなた
ねぇ悟先生、何すんの?
五条悟
五条悟
それはねぇ
私を下ろしながら言う
五条悟
五条悟
ダンス!
(なまえ)
あなた
ダン…?
虎杖悠仁
虎杖悠仁
ス…?
五条悟
五条悟
そーダンス!
(なまえ)
あなた
何故?
五条悟
五条悟
え〜だってあなたの制服って社交ダンスしてそうな服じゃない?だからせっかくだしって事で☆
(なまえ)
あなた
社交ダンスしそうな服ってなんだ…?
てかそんな感じな服にしたの悟先生じゃん
虎杖悠仁
虎杖悠仁
なんで俺巻き込まれてんの?
五条悟
五条悟
だって同じ歳でダンスした方が様になるでしょ?
まぁ僕ナイスグッドルッキングガイだからそんな事関係ないけど♡
(なまえ)
あなた
いやいや…帰りますね
部屋に帰ろうとドアに手をかける
両面宿儺
両面宿儺
おいあなた
(なまえ)
あなた
ビクッ
恐る恐る振り返るとそこには
両面宿儺
両面宿儺
ニヤニヤ
五条悟
五条悟
ニコニコ
(なまえ)
あなた
もうあなたの事先生だなんて思いません
五条悟
五条悟
いやぁ青春だねぇ
(なまえ)
あなた
💢
そもそもなんで呪霊との恋愛を応援しようとするんだ
わけわかんないこの人
両面宿儺
両面宿儺
おい呪術師、邪魔だ
五条悟
五条悟
流石にまだ手出しちゃダメだからね〜
そう言って悟先生…
いや悟は瞬間移動でどっかに行ってしまった
(なまえ)
あなた
(絶望)
両面宿儺
両面宿儺
ジロジロ
両面宿儺
両面宿儺
良いな
(なまえ)
あなた
両面宿儺
両面宿儺
なんだ
(なまえ)
あなた
いや別に…
両面宿儺
両面宿儺
言ってみろ
(なまえ)
あなた
両面宿儺
両面宿儺
また躾が必要か?
(なまえ)
あなた
…(怖)
(なまえ)
あなた
その…タキシードっぽい服着てるの…カッコイイ(早口)から…直視できない…
両面宿儺
両面宿儺
ほう ニヤ
スタスタスタ
ひぇ〜!!こっち来てる!!
この前みたいになる!!
いやぁ〜!!!
ジリジリと部屋の隅に追い詰められた。
宿儺の顔が目の前に来てヤバいと思ったので
しゃがんで股下をくぐって回避した。
(なまえ)
あなた
(早く誰か来て〜!!)
(なまえ)
あなた
(てかなんで悠仁変わっちゃったの?!)
とか考えていると
いつの間にかベッドの上で
宿儺に抱き抱えられていた。
(なまえ)
あなた
へ?
両面宿儺
両面宿儺
愛しいなぁお前は
(なまえ)
あなた
ひょぇ…(赤面)
(なまえ)
あなた
恥ずか死ぬ…