無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

好き
あの後、1人で考えたいのと、
恥ずかしいのとで部屋から2人を追い出した。
(なまえ)
あなた
はぁぁぁぁ…
(なまえ)
あなた
好き…か…
(なまえ)
あなた
宿儺が…私を…
テレテレ
ボフンボフン(布団を叩く)
(なまえ)
あなた
…っ…///
(なまえ)
あなた
私は…好き…なのかな…
確かに宿儺に会うと心がきゅうってなるし
キ、キスも嫌じゃなかった…///
名前も…
(なまえ)
あなた
ん゛ん゛ん゛/////
(思い出してまた照れた)
そうか…私は宿儺が好きなんだ…
(なまえ)
あなた
好き…(ボソッ
______悠二の部屋______
両面宿儺
両面宿儺
キュピコーン(何かを感じとった宿儺)
虎杖悠仁
虎杖悠仁
ヒュッ(嫌な予感がする悠二)
______任務中の悟______
五条悟
五条悟
ハッ(危ない予感がする悟)
______あなたの部屋______
(なまえ)
あなた
明日どんな顔してみんなの前に…
てかあの子…!逢夢ちゃん…!
どうなったんだろう…?
てか私どうなるんだろう…
______別室______
両面逢夢
両面逢夢
(兄様に会いたいな)
(なんで縛られなきゃいけないの)
(あのクソ共殺してやる)