無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

一人目
カランカラン
今日は入り口で鈴の音。

幽霊くんか。
YOU
YOU
いらっしゃい。
幽霊くん
こんにちは。
YOU
YOU
どうして?
幽霊くん
……あの子に気持ちを伝える前に
死んでしまったんです。
だから。あの子に気持ちを伝えてさせてください。
YOU
YOU
ふふっ
いいよ。
幽霊くん
ありがとうございます!
YOU
YOU
2分だけ
その子に姿と声を見えるようにするから。
その間に気持ちを伝えろ。
幽霊くん
はい!
YOU
YOU
ねぇねぇ。
女の子
女の子

ナンパですか!!
YOU
YOU
w
違う違う。
絢音くんって知ってるでしょ。
この前死んじゃっこ
女の子
女の子
な、なんで知ってるんですか?!!
YOU
YOU
ちょい
顔と声見せてあげる。
絢音くんが伝えたいことがあるって。w
女の子
女の子
そんなの騙されませんよっ!
YOU
YOU
まぁまぁ。
パンパン((手を叩くと
幽霊くん
咲ちゃん。
女の子
女の子
絢音くん?!!
幽霊くん
伝える前に死んじゃったけど、、、
好きでした。
女の子
女の子
私も、、、好きだったよ?。
幽霊くん
両思いだったんだ。
まだ生きてたかったなぁー。
女の子
女の子
ふふっ。
私もそっちに行きたいな。
幽霊くん
え?
なんで?
女の子
女の子
絢音くんと一緒なら。
行きたいな。
幽霊くん
でっでも。
YOU
YOU
ほんとにいいのか?
女の子
女の子
できるんですか?
YOU
YOU
まぁ。
女の子
女の子
お願いします!
YOU
YOU
本当にいいな?
幽霊くん
……
女の子
女の子
はい!
YOU
YOU
スッ((鎌を振り上げる
お幸せに
ジャクッ((鎌を振り下ろし咲の首を落とす。
幽霊ちゃん
ありがとうございます。
YOU
YOU
いえいえ。
幽霊くん
いこっか。
幽霊ちゃん
うん!
YOU
YOU
来世ではお幸せに。
幽霊くん
ありがとうございました!
幽霊ちゃん
ありがとうございました
○月×日

今日の子達はいい子だったな。
YOU
YOU
さぁーて
次はどんな子だろうな。