無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

恐怖
22
2022/03/19 09:18
くたりとその場に座り込む
言い方が悪いかもしれないが厄介事が増えた
対侵攻が終わるとどうなるのか
きっと、政府は知っている
本丸が攻められたら
練度が低い者や高い者も折れるのかもしれない
その上、彼らが迷い込んでしまった以上
もし万が一のことがあっては行けない
薬研と長谷部から聞いたところ
遡行軍が追っかけ回してたと
となると考えられるのは
彼らは未来になにか大きなことをする
そうなのだろう
それが良い事か悪い事からわからない
でも、遡行軍がそうしてたということは
早めの処分をしようとした。
そうなのだろう
ならどうする
もし、彼らが本丸にいる時
襲撃があったら
男士は勿論守りに
池のやつらは?
無理だ、あれはあくまで霊体であり
本刃はないから連絡にしかならない
どうする
練度が高い者はできるだけ
外に戦ってもらいたい
低い者で守れるのか?
それならばいっその事私が

いや、やめておこう
こうしたら私も遡行軍と
同じになる