無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

中島くんもオトコの子
私の声でビクッした中島くん
中島
ごめん、寝てた
あなた
うん、ご飯出来たけど、、、





むぎゅーーーー






あなた
ひゃっ
中島
やばい、オトコのコが、、、
あなた
え⁇
あなた
むふふ、、ご飯たべてく?
あなた
お父さん、今日いないのに、大量に作っちゃった
中島
やばいじゃん、、、止まらなくなりそう、、、帰るわ
あなた
ご飯だけ食べていきなよ?
中島
無理
あなた
お兄ちゃんいるから!!大丈夫!!
中島
あーーー♡
あなた
夏休みね♡
中島
何が?
あなた
オトコのコと遊ぶの!
中島
あなた!!
あなた
んふふ








わかってるよ、、、中島くんもオトコだもんね






意味も、わかってるよ






そしたら、なんか、いいじゃん、、、






少しずつ、大人になるから。








あなた
待ってて、大人になるまで。
中島
オレが大人にするんだよ?
あなた
わかった、夏休みね
中島
なんで夏休み?
あなた
薄着だから?
中島
ふふふ、、わかった








中島くんは、お母さんに電話して、ご飯を食べて、宿題して帰っていった、、、









中島
明日ね





いつもの様にそう言った彼の指先が、すごく大人に見えた