無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

特別な中島くん
そうよ、、ここは、夢の国。






でもね、残念ながら、、、





あたしが1番、夢の国。








だって、中島くんと来てるんだよ♡








バレンタインに!!!




あなた
運いいね
中島
あなたが悪すぎなんじゃないの?





特別なショーを引き当てた王子。




ステキやわ♡









パーク内はバレンタインですごい人の数。






すぐに迷子になれそう、、、





あなた
あれ見よう
中島
こっちいこ
あなた
あそこ行こう
中島
あれ食べよ





はっ!




中島くん、、、???










やっちまった、、、









お店でミニーちゃんの髪留め見てたの。
そしたら、中島くん、いなくなっちゃった、、、





どーしよう








お店の外に出る、、、






どさっ、、、






すいません、、、




あぁ、すいません、、、

ベビーカーにぶつかりそうだった、、、










どーしよう、中島くーーーん泣








中島
探した!!
あなた
わーん😭


よかった、、、、むぎゅーーーー




あ、、




あ、、、(//∇//)








あ、、、、、(//∇//)\(//∇//)\









ははは💦





あなた
ごめんっ
中島
かわいい♡
中島
そんなくらいで泣いちゃだめ。
中島
もっとさ、嬉しい時に泣いてよ
あなた
ウン






はいっ、また居なくなっちゃうから







中島くんの左手が、わたしに向かった、、、!!!