無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

中島くんとの約束
お兄ちゃん
ごめんね、大丈夫だと思うけど。
お兄ちゃん
あなた?中島くんきてくれてるけど?
あなた
帰ってもらってーパジャマだから。
中島
いや、もうごめん、ここにいる
あなた
え?







やだ、、、ベッドに座ってた







パジャマじゃないのバレバレやし。







中島
変わったパジャマだね






そうだね、これは制服







中島
なんで帰った?
あなた
中島くん、ハイジャンプしてたから。
あなた
だから、言わずに帰った、、
中島
違う、帰った理由
中島
桜井?





こくん






頭を振った。






あなた
でもね、次のがあるから平気。取りに戻って来たの






ごめんね、オレ、なにも出来ないんだね












中島くんの美しい頬に涙がつたう、、、










あなた
ごめん、あたし、、、





思わず中島くんの頬の涙をぬぐった