無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

中島くんとお弁当
あなた
なに?気持ち悪いから、さっきから。
佐藤
いや。なにも。






朝から、ずーーーっとニヤニヤあたしを見てる勝利。





なに?






さすがに美形だけど腹立つよ







午前中の授業は、それしか話さなかった、、、


おっと、、、話さなかったとな??













昼ごはんは、仲良しで食べていいんだけど。









あなた
友美、2人で食べない?
友美
どーした?
あなた
勝利の顔見たくない
友美
あたし、風磨と2人で食べたい
友美
昨日、キスしてくれたの♡
あなた
え?ついに!?
友美
だから♡





女の友情なんて、、、そんなもんよ。








中島
ここ、来ない?
友美の机をコンコンと叩いて、声をかけてくれたのは、中島くんだった。





誘い方が、イケメン、、、





いや、誘い方も。








あなた
うん







教室の真ん中、横並びで、2人。







中島
お弁当、お母さん作るの?
あなた
え?
あなた
ごめん、変な弁当でしょ?
あなた
自分で作ってんの。あたし、お母さんいないんだ
中島
え?そうなんだ、、、ごめん、知らなかった
あなた
うん、、、
中島
これ、ちょうだい?
あなた
いいけど、、、え?
中島
あなたが作ったんでしょ?
あなた
うん、、自信ないな、、、







いいよ、って言えなかった。







玉子焼き、、、








他人に食べてもらったことなんてなかったから。










中島
ウマっ♡
あなた
ふふ、、、
中島
甘い玉子焼き、大好き❤❤







その勢いで、あたしの事も好きになってくれないかな♡