無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

秘密王子、中島くん
あなた
帰ろっ!!
松島
うん♡なんであんなに泣いてたの?
あなた
中島くんとd、、
中島
なんにもだよ
と言って、わたしの口をふさいでくる


秘密だってば。













中島
あなた、図書館寄っていい?
あなた
うん、、、聡は?
菊池
聡、行くぞっ!!
松島
あ、うん
佐藤
んーーーー???







図書館には、行かなかった、、、





ん?










北校舎の1階、技術室に連れて行かれた、、、







なに?









中島
これ、見て。






なんだこれ。






あなた
て?
中島
て。
あなた
あっ、さっきの?
中島
そう。
中島
行こっか、、、
あなた
へぇ?
あなた
ごめん、なんかあたし、、、わかってない
中島
これ、ふーま
中島
勝利の、これ
中島
マリウスは、これだね
中島
聡のは、、、あれ、わかんねーな
中島
あった、あった、、、これだ
あなた
中島くん!!わかんない、なに?手って。





手の彫り物。





中島くんのは、ぐー



風磨と聡は、ぱー



勝利とマリウスは、つむりかけのぱー








ここから、なにを読み取ればいい?







中島
意味なんてないよ、時間稼ぎ
中島
さ、行こっかー?








やだ、、、






1ミリも理解できてない、、、
















◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





みんなは、そろそろ、わかっててくれてるよね?








ふーまは、わかってきてるよ